子どもカレンダー2013

子どもたちの描いた絵がカレンダーになりました。

 大きな木保育園では、毎年、児童美術研究家の高森 俊先生を講師にお招きして「絵を描く会」を実施しています。今年は、在園児向けの会を9月9日に開催。また、園外の方を対象にした会を11月24日(土)に予定しています。(※今年度の園外向け「絵を描く会」は定員になりましたので、募集を締め切らせていただきました。)
 
 普段、保育の中でも子どもたちは自由に絵を描いていますが、「絵を描く会」の時は広い場所で、大きな紙とたくさんの絵の具を与えられて、いつもよりもっとのびのびと絵を描いていました。
 子どもの描く絵は、心の内面を表しているといいます。保育者や保護者は、子どもの描く絵から、その子の内面を窺い知ることができ、声なき内面の声を知ることができます。とはいえ、素人目にはどれも自由で楽しい絵にみえるもの。そこで、高森先生直々に1家庭ずつマンツーマンでアドバイスをいただきます。

 高森先生のアドバイスは、美術的観点からだけでなく、子どもの内面を読み解き、どのように子どもに接したらいいのか、親としてのあり方を優しく穏やかに諭して下さいます。
 ここで子どもたちが描く絵は、紙に筆を走らせる感触を楽しみ、自由に思うがままに描いています。周りでサポートする親も「これは何を描いたの?」「こっちの色がいいんじゃない?」といった子どもの創作を制限するような言動はせず、子どもが絵を描くことに夢中になれる環境を作ることに専念しています。なかには、紙ではなく自分の身体に絵の具を塗りだす子もいたり、筆だけでなく指や足を使って絵を描く子も。でもそれも表現のひとつ。自分の手の動きが作り出す造形の魅力に、心が解きほぐされていく様子を見ると、幸せなエネルギーで満たされますよ。

 さて、子どもたちが描いた絵が一冊のカレンダーになりました。このカレンダーに掲載されている絵は、保育園や美術教室など全国から集められた子どもたちの作品。大きな木保育園の園児の作品も掲載されています。
 詳しくは発行元の創風社のWebサイトをご覧下さい。
「子どもカレンダー2013」(株)創風社Webサイト

カレンダーのお申し込み

 カレンダーをご希望の方は、大きな木保育園までお電話かファクスにてご注文下さい。
代金:一部1200円+送料(2部以上同時にご注文の場合送料無料にさせていただきます。)
お支払い方法:振替用紙を同封いたしますので、商品到着後、郵便振替にてお支払い下さい。

お申し込みTEL&FAX:03(3328)9822 大きな木保育園
ご注文用紙はこちらからダウンロードしてください。